読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブラッドブラザースを観に行った話

3/10昼公演観てきました。

観終わってからすぐ感想を自分の為だけに書こうって思っていたんだけど色々あって何にも浸れなくて今。先週くらいまではブラブラをずっと引きずっていたんだけどなんとか脱せた。

席についてびっくりしたのが、舞台斜めすぎじゃない???!!!ってことでしたけど毎度こんなに斜めなの?観てる舞台はほぼジャニーズのものなのでわからない。あんなに傾斜があって演者の方々大丈夫なのかなって思ったけど見るほどなのだろうか。

とりあえずなんとなくあらすじ知ってるよの感じで行きました。まず思ったことはマルシアさん美しすぎでは???脚キレイすぎでは?!?!マリリンモンロー!!!歌上手すぎでは?!?!いや当たり前なんだけど。セリフもすっごく聞き取りやすくてさすがとしか。

次に7歳児ミッキーエディ可愛すぎでは?!?!なんてこった!!と頭を抱えたくなった。でも。その他の方々が全く7歳児辺りに見えなくて(リンダ含む)全てに感情移入できなかったのは書いておく。前後するんだろうけど、ミッキーがエディって呼ぶの決めるところが好き。確か他の友達にはエディって呼ばれることはないって言ったから、「じゃあエディって呼ぶ」みたいな感じになったと記憶してるんだけど、この時から特別な存在なんだね~可愛すぎ~ってキュン。誕生日が同じだから兄弟になれるってことだよ!みたいな感じだったかなあ。ああ切ない。ソファーでぴょんぴょん跳ねるミッキー可愛い。

それにしてもなんて勝手なんだライオンズ夫人。きっとそうなる(仕事クビになる)んだろうとは思っていたけれど。まあ実際にこういうことは無いにしても、夫人だけが悪いんじゃないよね。旦那もっと奥さんのこと気にしてあげてよ。。。病気って決めつけんであげてー仕事忙しいのはわかるけど少し話聞いてあげるくらいしたげて。。。って思っていた。

そして真琴つばさな。多分およそ10年ぶりくらいに見たけど何にも変わって無くて恐ろしい。でもこの衣装正解なの?何故ショーパン?普通にパンツでよくないか?ってなっていた。最初はショーパンって気づいてなくて、ターンかなんかした時に見えてギョッとした。それに気付いてからそればかり気になってしまった。

ミッキーエディリンダで遊ぶシーンも可愛い。観終わってすぐは、ミッキーの記憶が鮮明に残っていたけど、今書いてるとエディの記憶がどんどんわいてくる。92番のバス待ってるんだ(曖昧)とか、ドナルドダックの真似可愛かった。

エディが引っ越すことになって、ミッキー宅に来る。「ジョンストンのおばさま♪」って言うエディ可愛すぎる。そしてそのエディを見つめる表情が切なすぎて大泣きしてしまった。エディは離れるのが寂しいって気持ちだけど、ジョンストン夫人はどういう気持ちなんだろう。って思っていたらロケットペンダント渡す時が最高潮に泣いた。えーん。合間合間に見え隠れするお母さん、って表情が本当にきた。

そして思春期ミッキー最高にかっこよすぎてですね、扉から出てきた瞬間に「かっこいい・・・」ってため息交じりの声が出てしまったよね。なんなの動悸するからくるならくるって言って!!(勝手)で、リンダを誘う?時に、「あしもこんなだし、お尻も出てるし!」(曖昧)って自分を卑下していたけどそこがかっこいいんだヨー!!って全力で言いたかった。いや皆言いたかったでしょ。デニム最高オールバック最高!ありがとう地球!教室のシーンのきっと毎公演違うだろう回答は「チョコラBB」って言ってた。少し素が見え隠れするのが最高可愛いよねー。

そしてタバコな!!!!!!!!!!!!!!ぎえーかっこいいーってなってたらエディは可愛いし感情が追いつかない。あのシーン後しばらく煙いよね。

エディが大学に行くため二人の元を離れるシーンで街灯下、エディとリンダのシーンがもうひとつの号泣シーンだった。エディ(泣)(泣)(泣)ってずっとなっていた。その時のリンダの表情も記憶に残る。もう少しミッキーが遅れて来たら?どうなっていたんだろうと考えた。エディの切なすぎるすれ違いに泣く。そして「口に出さなければ、その日が来ないんじゃないかと思って」って言っていたエディが印象に残る。エディは子供のまま大きくなって、ミッキーは少し早く気持ちが大人になった。諦めること我慢することをエディよりたくさんしてきただろうから。

立つときに、クリスマスお祝いしようって約束する。でもエディが帰ってきたらミッキーはリンダとの間にこどもができて結婚して仕事クビになってってすごく色んな現実を見て、エディがそれ聞いて確かお金渡そうとするんだよね。「ぼくたちずっと兄弟だと思ってた」(曖昧)って言うのに「ガキの頃のこと」というミッキー。でもそれに「同じ誕生日(歳?)だよ?」って言うエディがほんとにまっすぐここまで成長してきたんだなって思うシーンでこれも印象に残る。

そしてミッキーが捕まって服役しているシーン。目のキラキラが一瞬にして無くなって、鳥肌がおさまらなかった。家に戻ってくるけど、薬が欲しいってリンダに懇願するシーンで何故薬が必要なのか聞かれたミッキーが「透明人間になるため」って言ってたのも印象にのこる。死ぬわけではない。ただ、存在を消したい。誰にも見られたくない。でもリンダには自分の存在知ってて欲しいんだよね。

最後、ミッキーが真横を通って本当にびっくりした。周りがそわそわしていたから誰か通るのかなって思っていたけれど。ミッキーには薬という逃げ道?があったけど、リンダは現実をしっかり見て受け止めなきゃいけない。そこでエディに相談する、頼るのは仕方がないことだと思う、なあ。そしてエディに気持ちをとられたって思うミッキー。幼いころに兄弟の約束をしたことをエディに話す。「ああ、覚えてるよ。」って言うエディの表情に泣いた。大学から戻ってきたときは、自分が言ったことばだったのに。ガキの頃のことってはねのけられたのに。双子の兄弟だと打ち明けた瞬間のミッキーの表情、でまた泣いて、

「どうして俺を渡さなかった!!!」バーーン!で涙が引いた。いや本当に怒涛すぎてびっくりしたんだもん。色んな気持ちを回収できないまま二人ともしんでしまった。本当にすれ違いばっかりだった。登場人物みんな悪くないというか、まあサミー兄さんとかライオンズ夫人とか、悪いやろみたいな人浮かぶけど、何かしら理由あってのことで最初から悪い人っていなかったなーって思った。そしてそこからのマルシア!!!!幕間、私がつぶやいたことは「マルシアさんにファンレター書きたい」ってことだったんだけど、泣きながら二人の間で嘘だといって~作り話だと~って歌うの観ていたらジョンストン夫人の気持ちがまた溢れてきて泣いた。指クロスする歌も歌ってたっけそれはサミー兄さんが人撃ってしまった時だっけ。同じ歌でも色んなパターンがあるんだなって思いながら聞いていた。全然雰囲気が違うから。笑える歌にも泣ける歌にもなる。戻るけどいや本当にマルシアさんすごすぎる。最初歌ってるの観て「やばいもんみちゃってるヨー!!!すごいー!!」ってなっていたんだけど本当にすごかったすごい言いすぎてるけどごめん。

カテコで3回くらい皆が出てきてやっと、そうだこれはジャニーズWESTの桐山くんと神山くんがやってたんだよね!!!って改めて思った。それくらい役に溶け込んでいたし浮いてなかった!私自身もこの世界に引きずり込まれていたーはあすごいものをみせもらいました。。。

 

これ観たらどうなってしまうんだろうって思っていたけど、わかったことは桐山神山の二人が好きなんだなってことな!この二人でやった舞台を観れたこと本当によかったなって思うー。WESTの中で演技と歌唱力で引っ張っている二人だなって思っていたのでそれを改めて感じた。そして東京と大阪に住んでなくてよかったって思った。どちらかに住んでたら全通余裕でする。

さて今から他の方が書いてるブラブラ感想ブログ読もう!